ポケモンレジェンズはブレスオブザワイルドよりモンハンに近いオープンワールド

最新情報


「ポケモンレジェンズアルセウス」は発売を前に、多くの任天堂ファンが『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』になぞらえていました。一見すると、そのオープンワールドやアートスタイルは、確かに『BOTW』のゲーム性やグラフィックに似ています。しかし、「Nintendo Direct Livestream」で公開された最新のトレイラーを見ると、『レジェンズ』は『ゼルダの伝説』よりも『モンスターハンター』に似ているかもしれません。

「ポケモンレジェンズアルセウス」は、ヒスイ地方が舞台となります。トレーナーは、野生のポケモンを捕まえたり、戦ったりするために、荒野を歩き回ることになりますが、定期的に拠点となる街に戻ることになりそうです。「ブレス オブ ザ ワイルド」では、街の存在はそれほど重要ではありません。ハイラルでは、人里離れた場所に行くことで、プレイヤーに報酬が与えられます。材料、隠しクエスト、祠、強力な武器など、すべては大自然の中で見つけることができます。モンスターハンター』には伝統的なオープンワールドはありませんが、プレイヤーは、自分の村や拠点に戻ってクエストを受けたり、取引をしたり、新しい武器や防具を改良・製作したり、仲間を集めて新たな狩りに出かけたりすることを繰り返します。今回、任天堂が公開したゲーム内容を見る限り、「ポケモンレジェンズアルセウス」は、これらの機能を反映しているのかもしれません。
[quads id=2]
ポケモンレジェンド アルセウスの中心となる街には、便利なお店やNPCが集まっています。また、ポケモンラボも設置されており、プレイヤーに最初の御三家ポケモンを提供することになるでしょう。他のポケモンゲームに見られるような定型的なストーリー展開にするかどうかは別にして、スタート地点の町はそれなりに重要な意味を持つと思われます。モンスターハンター』も同様で、拠点には重要なNPCやショップ、マッチングセンターなどが配置されている。プレイヤーは、賞金を稼ぎ、担当者と会話することで、ゲームのストーリーを最大限に進めることができます。ブレス オブ ザ ワイルド』は、そのほとんどが野生の世界を舞台にしています。プレイヤーは、一つの任務を達成するために一つの場所を離れ、世界で発見されたいくつもの任務をこなすことになります。

「ポケモンレジェンズアルセウス」は、怒りに満ちたポケモンたちの暴走がメインとなるようです。トレーナーとそのパーティは、原因不明の怒りを持った、赤い目をした強力なポケモンたちに直面します。このポケモンたちが村人を脅かす可能性があることは、レジェンドトレーラーで強調されていた「ポケモンは恐ろしい生き物だ!」という台詞からもわかります。モンスターハンター』は、『ポケモン』と同じような葛藤をテーマにしており、プレイヤーは村を脅かす荒ぶるモンスターのボスを倒すことになります。ブレス オブ ザ ワイルド』では、「カラミティ・ガノン」と「神獣」という大規模な脅威が登場しますが、ミニボスや荒野に出現する敵以上の小さな脅威は存在しません。

「ポケモンレジェンズアルセウス」と『ブレス オブ ワイルド』の比較のひとつとして、「アルセウス」が挙げられます。アルセウス』と『ブレス オブ ザ ワイルド』の比較対象の一つは、そのオープンワールドです。しかし、『レジェンズ』のオープンワールドが、『ブレス オブ ワイルド』のように多くのアクティビティで満たされるという証拠はありません。プレイヤーは、オーバーワールドでポケモンを捕まえ、バトルや新しいステルスの仕組みに参加します。しかし、それ以外の要素が含まれているという証拠はありません。ブレス オブ ザ ワイルド』では、ダイナミックなオープンワールドに無数のアクティビティや脅威があり、プレイヤーを飽きさせることはありませんでした。「ポケモンレジェンズアルセウス」がこれに匹敵するものでない限り、そのオープンワールドは不利に働く可能性があります。

「ポケモンレジェンズアルセウス」がどのゲームに似ていようとも、このスタイルのポケモンゲームは、フランチャイズにとって大きな飛躍となるでしょう。いくつかの新しいゲーム機能が登場し、新しい地域の形態や新しいポケモンが登場します。モンスターハンター また、『モンスターハンター:ライズ』と『ブレス オブ ザ ワイルド』のどちらに似ているかはさておき、『ヒスイ地方』ではポケモンファンにとって刺激的な新しい体験が待っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました