【ポケモンレジェンズ】御三家(最初のポケモン)のおすすめと最終進化【アルセウス】

最新情報

ポケモンレジェンズアルセウスにおける御三家(最初のポケモン)と最終進化について紹介しています。

【考察】レジェンズ御三家の新たな進化先


今までのポケモンリメイク作品の御三家ポケモン達は、キョダイマックスやメガシンカを取り入れることで真新しさや飽きを感じさせませんでした。これはポケモンレジェンズでも、ありえそうな話です。

ポケモンレジェンズの御三家である「ミジュマル(イッシュ地方)」「ヒノアラシ(ジョウト地方)」「モクロー(アローラ地方)」には、まだキョダイマックスやメガシンカなどのフォルムが変化する進化はありません。

ポケモンレジェンズの公式サイトでも御三家の最終進化を紹介していないのも、通常の進化とは異なった、新たな進化、フォルムがあるのかもしれません。ヒスイの姿の御三家が登場する可能性もあります。

【予想】御三家(最初のポケモン)のおすすめはどれ?

ミジュマルがおすすめ!


メインの水・氷に加えて、レベル技で虫・格闘も覚えるので、使い勝手が良く、捕獲に便利な「みねうち」を覚えたりとストーリーで活躍する場面が多そうなミジュマルが、ポケモンレジェンズの御三家で一番おすすめできると予想します。

御三家(最初のポケモン)の最終進化と解説

草の御三家「モクロー」の最終進化と解説

タイプ 特性
くさ・ひこう しんりょく

モクローの評価

くさタイプのモクローは、逃げ回るポケモンを捕獲しやすくなる技「かげぬい」を覚えます。くろいまなざしやかげふみを覚えたポケモンがいないならモクローがおすすめです。

進化の流れ

ポケモン 進化条件
モクロー
フクスロー Lv17で「モクロー」から進化
ジュナイパー Lv34で「フクスロー」から進化

最終進化はジュナイパー

素早さがやや遅めで物理耐久が少し低いものの、攻撃面はどちらも中程度あり、特殊耐久が高いのが魅力。ジュナイパー専用のゴーストタイプの物理技「かげぬい」を持っている。

ゴーストタイプらしく変化技を豊富に持っているのが強み。また先制技「ふいうち」も使えるなど、味方をサポートする立ち回りが得意。

水の御三家「ミジュマル」の最終進化と解説

タイプ 特性
みず げきりゅう

ミジュマルの評価

メインの水・氷に加えて、レベル技で虫・格闘も覚えるので、使い勝手が良い。能力はバランス型で補助技や積み技も少なく、いまいち強みがないが、主力技「なみのり」が強く。捕獲に便利な「みねうち」を覚えたりとストーリーで活躍する場面が多い。

進化の流れ

ポケモン 進化条件
ミジュマル
フタチマル Lv17で「ミジュマル」から進化
ダイケンキ Lv34で「フタチマル」から進化

最終進化はダイケンキ

ミジュマルの最終進化系ダイケンキは、みず単体タイプで、「こうげき」「とくこう」が高く、バランスが良い種族値を持つ。

火の御三家「ヒノアラシ」の最終進化と解説

タイプ 特性
ほのお もうか

ヒノアラシの評価

持ち前の「とくこう」と「すばらさ」を武器に序盤では楽に進行しやすいと予想される。難点としては、他のタイプ技を覚えない点がある。

進化の流れ

ポケモン 進化条件
ヒノアラシ
マグマラシ Lv14で「ヒノアラシ」から進化
バクフーン Lv36で「マグマラシ」から進化

最終進化はバクフーン

ヒノアラシの最終進化「バクフーン」は種族値はリザードンと全く同じ数値を持ち、「とくこう」と「すばやさ」が高く、特に特攻は火御三家の中で3位、素早さは4位タイの種族値を持つ。

ポケモンレジェンズ御三家とアイヌの関連性


ポケモンレジェンズの御三家「ミジュマル」「モクロー」「ヒノアラシ」はそれぞれアイヌと関わりのあるポケモンたちです。
・ラッコ(ミジュマル)という言葉アイヌ語が由来となっている
・シマフクロウ(モクロー)はアイヌでは「守り神」と崇められている
・ヒノアラシは火山を表しており、火山は「アイヌの伝説集」にもたびたび登場する
#ポケモンレジェンズアルセウス

コメント

タイトルとURLをコピーしました